Home安心・安全の取り組み安心・安全への取り組み

安心・安全への取り組み

皆様に安心できるお米を召し上がっていただくために

お米の品質管理

近年『食』の安全に対する不安から、品質・安全性が非常に高く求められております。毎日入荷する原料玄米、製造される全ての精米の白度や水分、異物検査、形状、食味など検査し理化学分析を行います。皆様に安全なお米を召し上がって頂けるよう高い品質の維持、製品づくりを追求しています。

HACCPの認定

haccp2精米工場では衛生・効率的な環境の維持、安心・安全を第一に商品づくりを心掛けて製造に努めております。当社の精米工場は国連の推奨している、食品工場の全工程での不良品発生の危険を予測し、管理して不良品の出荷を未然に防ぐ、食品の製造工程管理システムである「精米HACCP」の認定を、「一般社団法人 日本精米工業会」より2018年3月に受けております。(2019年3月:継続維持審査に合格いたしました。)
 

工場設備のご案内はこちらへ

そして何より美味しいお米を

炊きたてご飯土壌・気候・風土等、お米の生育に適した良質な産地から、厳選して玄米を入荷しています。その全国の産地から入荷された玄米は温度・湿度の管理を徹底し品質の保持に努めます。厳選したお米には銘柄・産地ごとに特長があり、ひとつひとつの個性が楽しめます。当社の製品は食味ランク特Aに選ばれる産地商品だけでなく、まだまだ知名度は低くても美味しいといわれるお米もあります。長年お米に携わった当社だからこそ味や品質に自信を持って安心・安全で美味しいお米を皆様に提供させていただきます。